生徒から人気な学習塾の共通点を調査【根気よくサポートしてくれる】

メニュー

個別指導の強み

先生

講師との相性が重要

塾は全国にあり、札幌ほどの規模の都市になるとその数も非常に多くなります。塾の種類としては、個別指導タイプと集団指導タイプがあり、近年は個別指導タイプの塾が増えています。個別指導タイプとは、生徒個別のペースに合わせて指導を行うタイプの塾のことです。札幌でもこのタイプが多くなっており、様々な媒体で広告を目にすることが増えてきています。生徒個別のペースに合わせるため、指導するときはマンツーマンもしくは2〜5人ほどの少人数であることが多いです。個別指導というネーミングからマンツーマン指導を思い浮かべる人も多いのですが、必ずしもそうではないのでその点は注意しなければなりません。個別指導の強みは学習効率が高いということです。生徒のペースに合わせて指導内容を柔軟に変えてくれることが多いので、集団指導よりも高い学習効率が得られます。学力がほかの生徒よりも大幅に劣っている生徒に対しても有効ですし、反対に医学部を目指すような非常に学力の高い生徒にも有効な方法です。おのため、札幌でも補習塾、進学塾の両方で取り入れられています。その分人件費はかかるので費用としては高めになりますが、その分意義のある形態といえるでしょう。ただ注意しないといけないのは講師との相性次第で効率が左右されるという点です。講師との相性や講師の質がよくなければ効率は大幅に下がり、マイナスになることもありえます。札幌には多くの塾があるので、子供にぴったりの塾が見つかるまで探すのも手です。